今日からはじめる!PHPの基本を理解(4回目)

気が付くと4回目まで来ていた「今日からはじめる!PHPの基本を理解」ですが、そろそろ難易度を上げて行かないと「いつ終わるんだ?」と言う状態になってしまいそうです。

さて、4回目では、「PHPの文法」を解説していきます。

文法と言うと、英語が思いつくかもしれませんが、単純に言うとルールです。
「主語+動詞+」みたいな感じで、PHPにもルールがあります。

PHPで押さえておく内容としては、以下のものとなります。

  • 変数

この3つくらいで大丈夫・・・なはずです。
その他にもありますが、まずはこの3つを覚えてしまいましょう。

それでは、1つずつ解説していきます。

変数

変数とは、値(数字、文字など)を入れておくための「箱」の様なものです。
下記の例で解説していきたいと思います。

<?php

$mozi = 'もじ';
$kazu1 = 6;
$kazu2 = 3;

echo $mozi;
echo $kazu1;
echo $kazu2;
echo $mozi.$kazu.$kazu2;
echo $kazu1 + $kazu2;

これを実行すると、以下のように表示されます。

もじ
6
3
もじ63
9

1行目

<?php

「ここからPHPですよ~」と言うことを記述しています。

3~5行目

$mozi = 'もじ';
$kazu1 = 6;
$kazu2 = 3;

$mozi、$kazu1、$kazu2と言う名称で、「箱」を用意しています。
$moziには「もじ」と言う文字を、$kazu1には「6」と言う数値を、$kazu2には「3」と言う数値を入れています。

「=(イコール)」は、「等しい」の意味ではなく「箱」への代入を行うための記述となります。

7~11行目

echo $mozi;
echo $kazu1;
echo $kazu2;
echo $mozi.$kazu.$kazu2;
echo $kazu1 + $kazu2;

$mozi、$kazu1、$kazu2などを、echoと言う関数を利用して画面に出力をしています。

7行目は、$moziを出力しているので「もじ」が表示されます。
8行目は、$kazu1を出力しているので「6」が表示されます。
9行目は、$kazu1を出力しているので「3」が表示されます。

10行目は、$moziと$kazu1と$kazu2が「.」で繋がっています。
この「.」は文字を繋げる方法であり、それぞれが文字として結合後に出力されるため「もじ63」と表示されます。

11行目は、$kazu1と$kazu2で足し算をした結果(6+3の結果)として「9」が表示されます。

この様に、変数は自分で設定した好きな値を自由に入れ、いつでも利用する事が可能です。

ただ、変数名の付け方にルールがありますので、覚えておいて下さい。

  • 変数は「$」から始まる名称にしてください
    例:$example
  • 変数に使える文字は英数字と「_(アンダースコア)」のみが利用できます
    例:$_example
  • 変数名の始まりに数字は使えません
    例:$1、$2などは変数として利用できない
  • 変数名の大文字と小文字は区別されます
    例:$aと$Aは別の変数

式とは、「;(セミコロン)」で区切られたものとなります。

下記の例で表すと、全ての行の最後に「;」が付いているので、全ての行が「式」と言うことになります。

<?php

$x = 1;
$y = 2;
$z = 3;

$_x = $x + $y;
$_y = $y + $z;
$_z = $z - $x;

echo $_x + $_y - $_z;

型とは、変数の中に入っているものがどんなものかを示すものです。


型には「論理型」、「整数型」、「浮動小数点型」、「文字列」、「配列」など・・・があります。


しかし、PHPでは自動的に「型」を判別してくれるため、あまり意識することはないかもしれません。
これが結構クセモノだったりするので、プログラムを書く際には意識した方がいいです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です