phpでComposerを利用するための設定

FuelPHPを利用しようとサーバに設置したところ、何をやっても画面上に「php composer.phar update」と出て、まったく先に進めない状態にぶち当たりました。

 

Composerはアプリケーションが必要なライブラリを、そのアプリケーション固有の状態で管理してくれるツールです。
FuelPHPでは、これが必要となってくるようなので使うための準備をします。

前提条件
php(バージョン 5.3 以降)がインストールされていること

 

まずは、下記のコマンドでComposerをダウンロードします。
[shell]
curl -s http://getcomposer.org/installer | php
[/shell]

 

もし、curlがない場合には下記のコマンドでインストールしてください。
[shell]
sudo yum install -y curl
[/shell]

 

ダウンロード後に、FuelPHPを設置しているディレクトリに移動します。
[shell]
cd fuelphp
[/shell]

 

composer.jsonがFuelPHPのディレクトリに存在しているはずです。
このjsonファイルには、必要なライブラリが記載されています。
[shell]
cat composer.json
[/shell]

 

composer.json
[shell]
{
“name”: “fuel/fuel”,
“type”: “metapackage”,
“description”: “The FuelPHP framework”,
“keywords”: [“framework”],
“homepage”: “http://fuelphp.com”,
“license”: “MIT”,
“authors”: [
{
“name”: “FuelPHP Development Team”,
“email”: “team@fuelphp.com”
}
],
“support”: {
“irc”: “irc://irc.freenode.org/fuelphp”,
“forum”: “http://fuelphp.com/forums”
},
“require”: {
“php”: “>=5.3.3”,
“monolog/monolog”: “1.5.*”,
“fuelphp/upload”: “2.0”
},
“suggest”: {
“mustache/mustache”: “Allow Mustache templating with the Parser package”,
“smarty/smarty”: “Allow Smarty templating with the Parser package”,
“twig/twig”: “Allow Twig templating with the Parser package”,
“mthaml/mthaml”: “Allow Haml templating with Twig supports with the Parser package”
},
“config”: {
“vendor-dir”: “fuel/vendor”
},
“minimum-stability”: “dev”
}
[/shell]

 

最後にライブラリの更新を下記のコマンドで行います。
[shell]
php composer.phar update
[/shell]

 

処理が完了すると、FuelPHPを動かすことができます。
ほかにも使い方があるので、今後はComposerについて調べてみたいと思います。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です