忘れがちな設定(タイムゾーン)

年のせいかよく忘れるので、自分のためのメモです。
CentOSでタイムゾーンを日本時間(JST)に設定を変更する方法です。

設定ファイルをコピー

sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

忘れると・・・

この設定を忘れたおかげで、ファイルの生成時間やDBの更新時間が狂ったり・・・と何度も痛い目にあいます。

dateで「JST」が表示されない場合には、いまの設定がどうなっているかを確認の上で実行すると解決するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です