FuelPHPのappディレクトリの位置を変更する

通常、FuelPHPを利用する際、fuelディレクトリの下に編集する対象のコントローラやモデルなどが置かれた、appディレクトリが存在しています。

ディレクトリ階層が深くなるので、編集対象のディレクトリが下の方に潜っているより、上の方にあった方が見易いため、自分で利用する際には書き換えてディレクトリの位置を変更しています。

変更方法

変更するファイルは2つあります。

1つ目は、publicディレクトリ内にある「index.php」、2つ目は最上層にある「oil」となります。

まずは、編集の前のpublic/index.phpについて見てみます。

public/index.php

/**
 * -----------------------------------------------------------------------------
 *  Path to the application directory
 * -----------------------------------------------------------------------------
 */

define('APPPATH', realpath(__DIR__.'/../fuel/app/').DIRECTORY_SEPARATOR);

では、編集後のpublic/index.phpを見てみます。

/**
 * -----------------------------------------------------------------------------
 *  Path to the application directory
 * -----------------------------------------------------------------------------
 */

define('APPPATH', realpath(__DIR__.'/../app/').DIRECTORY_SEPARATOR);

この部分(APPPATH)を書き換えることで、appディレクトリをfuelディレクトリと同じ階層(最上層)に移動することが可能となります。

ただ、このままでは「oil」が利用できないため、こちらも編集していきます。

oil

/**
 * Path to the application directory.
 */
define('APPPATH', realpath(__DIR__.'/app/').DIRECTORY_SEPARATOR);

index.phpと同様に、APPPATHについての対象ディレクトリを書き換えることで、移動したappディレクトリで動作させることが可能となります。

ちょっとした懸念点

「index.php」や「oil」は、FuelPHP自体のアップデートで更新される可能性があるファイルのため、バージョンアップの場合に書き換わってしまうことがあります。

ただ、現状としては更新が行われることもないと思われますので、使い易いようにカスタマイズして使うのも良いのではないでしょうか。

関連する記事