FuelPHPでDBのトランザクションを利用する

6月初旬からCSやBSが無料で見れる期間ということで、どっぷりテレビな時間が増えてしまっています。

このままだとCSを契約しちゃいそうですが、契約すると何もできなくなりそうなので我慢ですね・・・。

さて、FuelPHPでトランザクションを利用したデータベース処理を行う方法をメモとして記載します。

使用方法

実際の処理としては、Database_Connectionのstart_transactionメソッドを利用します。

$db = Database_Connection::instance();
$db->start_transaction();

これで、トランザクションがスタートした状態になります。

次に処理完了時のコミット処理および、ロールバック処理を見てみましょう。

try {
    // 何かの更新処理

    $db->commit_transaction();
} catch (Exception $ex) {
    $db->rollback_transaction();
}

総括

PDOでも簡単に利用することが可能ですが、上記のように記載するだけでFuelPHPの規則に従って使うことが可能です。

どんなフレームワークでもルールやメソッドを覚える必要がありますが、FuelPHPはすごく少ない時間で習得が可能なため、サッと導入する場合の選択肢としては優れています。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です