DNSの設定を確認する

DNSの設定を確認する

顧客のSPFレコードを調べる際にWindows端末と、別の回線で繋がっているLinuxの2カ所から確認を行う作業が発生しました。
Windowsだとコマンドプロンプトを開いてnslookupで確認する感じになりますが、Linuxの場合にはdigを利用した方がイイ感じです。
※ちなみに別の回線のLinuxは会社のサーバです。

 

会社のサーバにdigが入っていなかったため、まずは使えるようにします。
ソースからは面倒なため、yumでさくっとインストールを行います。

 

実際に実行するコマンドは下記の内容となります。

yum install bind-utils

 

インストール後に下記のコマンドを実行し、digが利用可能かを確認します。

dig -v

 

実行すると下記の内容が画面に表示されると思います。

DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6_4.4

 

コマンドが実行できる事が確認できたので、実際にDNSの情報を取得してみます。

 

Aレコードを確認する

dig @ns1.example.com example.com

 

NSレコードを確認する

dig @ns1.example.com example.com ns

 

MXレコードを確認する

dig @ns1.example.com example.com mx

 

zoneの一覧を取得する

dig @ns1.example.com example.com axfr

 

Windowsのnslookupがあるからいいや。と思っていた時期もありましたが使える様になることで、いちいちコマンドプロンプトを開かなくても出来るため、覚えておくと役に立つことこの上ない感じでした!

Linuxカテゴリの最新記事