Pythonでjsonファイルを読み取る

設定ファイルでも利用されるようになった、json形式のファイルをPythonで読みこむ方法をまとめておきます。

前提条件

ファイルは以下の内容とします。

  • json_load.py
  • example.json

json_load.py

import json

fileObj = open('example.json', 'r')
jsonObj = json.load(fileObj)

print(jsonObj)

example.json

{
    "TEST": 1,
    "HOGE": 2,
    "HOGEHOGE": 3
}

実行結果

{'TEST': 1, 'HOGE': 2, 'HOGEHOGE': 3}

example.jsonの内容が、Dictionary(セット配列)として jsonObj に格納され print にて内容が表示されています。

やっていることも単純ですが、各行について簡易な説明をしておきます。

各処理について

最初に今回利用するモジュール(json)を読み込みます。

import json

次に、ファイルの書き込み、読み込みを行う際に open を利用します。
今回の場合には、ファイルの内容を読み込みだけのため、ファイルをオープンする際のモードを r (読み込み用)としています。

最後に、読み込んだ内容を、fileObj として格納しています。

fileObj = open('example.json', 'r')

次に、読み込んだファイルの内容を、json.load を利用しDictionary(セット配列)として jsonObj に格納しています。

jsonObj = json.load(fileObj)

jsonObj として格納された内容を文字列として出力するために、print を用いています。

print(jsonObj)

まとめ

たった数行で、ファイルからjson形式の内容を読み取り、Dictionary(セット配列)として返却することができました。
難しいと思いますが、1つずつゆっくり理解すれば簡単にjson形式の読み込み処理が出来るようになります。

サーバの設定ファイルなど、json形式のファイルが増えていますので、活用してみてはいかがでしょうか。

関連する記事