Postfixのバージョンを確認する

いろいろなクライアントのサーバを管理する上で、バージョンの確認が必要になります。
今回はメモ程度にPostfixのバージョン確認について残しておきます。

 

Postfixにおいて、現在の設定を確認するコマンドです。

/usr/sbin/postconf

 

合わせて覚えておきたいのが、Postfixの設定の初期値を確認するコマンドです。

/usr/sbin/postconf -d

 

また、現在の設定と初期値での違いを出力したい場合は下記のコマンドで表示が可能です。

/usr/sbin/postconf -n

 

最後に本題となるPostfixのバージョンを確認するコマンドとなります。

postconf | grep mail_version

 

どんなソフトウェアでもバージョンによって設定なども変わってきますので、初めての環境を扱う際には確認を行うクセをつけておきたいですね。

関連する記事

コメントを残しませんか?