squidを利用してProxyサーバを構築する

自分の中では”踏み台”のイメージしかないため、どちらかと言うと良くないイメージが先行していましたが、急遽Proxyサーバが必要となったために構築を行うこととなりました。

 

yumを利用してインストールを行います。

sudo yum install -y squid

 

依存のある「libtool-ltdl」も自動でインストールされますので、悩んでる時間もないくらいにあっさり終わりました。

 

設定は下記のファイルで行います。
/etc/squid/squid.conf

#
# Recommended minimum configuration:
#
acl manager proto cache_object
acl localhost src 127.0.0.1/32 ::1
acl to_localhost dst 127.0.0.0/8 0.0.0.0/32 ::1

# Example rule allowing access from your local networks.
# Adapt to list your (internal) IP networks from where browsing
# should be allowed
#acl localnet src 10.0.0.0/8     # RFC1918 possible internal network
#acl localnet src 172.16.0.0/12  # RFC1918 possible internal network
#acl localnet src 192.168.0.0/16 # RFC1918 possible internal network
#acl localnet src fc00::/7       # RFC 4193 local private network range
#acl localnet src fe80::/10      # RFC 4291 link-local (directly plugged) machines

# ここに接続元のIPアドレスを記述する
acl localnet src xxx.xxx.xxx.xxx/32

acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80          # http
#acl Safe_ports port 21         # ftp
acl Safe_ports port 443         # https
#acl Safe_ports port 70         # gopher
#acl Safe_ports port 210        # wais
#acl Safe_ports port 1025-65535 # unregistered ports
#acl Safe_ports port 280        # http-mgmt
#acl Safe_ports port 488        # gss-http
#acl Safe_ports port 591        # filemaker
#acl Safe_ports port 777        # multiling http
acl CONNECT method CONNECT

#
# Recommended minimum Access Permission configuration:
#
# Only allow cachemgr access from localhost
http_access allow manager localhost
http_access deny manager

# Deny requests to certain unsafe ports
http_access deny !Safe_ports

# Deny CONNECT to other than secure SSL ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports

# We strongly recommend the following be uncommented to protect innocent
# web applications running on the proxy server who think the only
# one who can access services on "localhost" is a local user
#http_access deny to_localhost

#
# INSERT YOUR OWN RULE(S) HERE TO ALLOW ACCESS FROM YOUR CLIENTS
#

# Example rule allowing access from your local networks.
# Adapt localnet in the ACL section to list your (internal) IP networks
# from where browsing should be allowed
http_access allow localhost
http_access allow localnet

# And finally deny all other access to this proxy
http_access deny all

# Squid normally listens to port 3128
http_port 8080

# We recommend you to use at least the following line.
hierarchy_stoplist cgi-bin ?

# Uncomment and adjust the following to add a disk cache directory.
#cache_dir ufs /var/spool/squid 100 16 256

# Leave coredumps in the first cache dir
coredump_dir /var/spool/squid

# visible hostname
visible_hostname none

# forwarded for
forwarded_for off

# add header
request_header_access Referer deny all
request_header_access X-Forwarded-For deny all
request_header_access Via deny all
request_header_access Cache-Control deny all

# cache
cache_mem 128 MB
cache_dir ufs /var/spool/squid 600 16 128

# replyheader
reply_header_max_size 50 KB

# Add any of your own refresh_pattern entries above these.
#refresh_pattern ^ftp:          1440    20%     10080
#refresh_pattern ^gopher:       1440    0%      1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0     0%      0

 

今回のProxyはHTTP/HTTPSのWebだけでの利用となっているため、FTPなどは利用できないようにしました。
※設定内容は下記のサイトを参考にさせて頂きました。

■ プロキシサーバ/Squid3.1
http://www.oss-d.net/squid/3.1

■ 【CentOS】プロキシサーバーSquidのインストールして設定
http://se-suganuma.blogspot.jp/2011/03/centossquid.html

 

こちらの内容で設定が完了したら、設定に問題が無いかを確認します。

sudo squid -k parse

 

問題がなければ、下記の内容が画面に出力されるはずです。

Processing Configuration File: /etc/squid/squid.conf (depth 0)
Initializing https proxy context

 

あとはsquidを起動するだけです。

sudo /etc/init.d/squid start

 

初回の起動時には、少し時間がかかりますが無事に「OK」の文字が見えるはずです。
※恐らくキャッシュ用のディレクトリなどを作成するために時間がかかっていると思われます。

 

起動が出来た状態で、ブラウザの接続設定からプロキシの設定を行います。
Proxyサーバのホストには、サーバのIPアドレスまたはホスト名を設定し、ポート番号にはsquid.confに記述した番号(ここでは8080)を入力します。

 

ブラウザのプロキシ設定を行った状態で、下記のサイトへアクセスしIPアドレスがsquidが稼動するサーバのものとなっていれば成功です。

■ 診断くん
http://taruo.net/e/?

 

運用面を含め、もっと詳細な設定についても触れて行きたいと思います。

関連する記事

コメントを残しませんか?